トップ / 痛風で尿酸値は重要です

体に良い飲み物情報

尿酸値を減らして痛風を予防

尿酸値が高くなると痛風になる確率が高くなると言われています。痛風になってしまったら投薬治療等になりますが尿酸値は高いが発症していないのなら今のうちに予防していくことをおすすめします。体内に尿酸を溜めないように排出させていく為に一日に2リットル以上の水分をとるのがいいとされています。その際に尿をアルカリ性に保つことで尿酸の溶解度が上がるので効率よく排出することができます。尿をアルカリ性にしてくれる食品としてひじき、昆布、ワカメ等の海藻類やさつまいも、バナナやグレープフルーツ等もいいといわれています。

痛風とプリン体の関係とは

痛風の原因となるものにプリン体があり、予防のためや症状が出てしまっている場合は摂取を控えるように言われてきました。しかし最近では食べ物から取り入れるものは体内でほとんど分解されてしまうことがわかっています。ですから過度に意識して摂取を控える必要はありません。しかしとりすぎるのはやはり痛風のリスクを高めてしまうので控える方がいいです。最近ではプリン体を抑えたものも登場していますから、摂取することをやめるのではなくてビールなどを楽しむことが出来ます。