トップ / ロコモ対策の方法を知る

体に良い飲み物情報

レベルに合わせたロコモ対策

バランス能力の低下や筋力の低下、骨や関節の病気です。 骨や関節の病気は、骨量密度が加齢とともに減少してしまうことから骨折しやすくなる骨粗しょう症や膝の関節が加齢に伴ってすり減ってしまい膝の痛みなどが出てしまう変形性膝関節症、さらに腰痛や膝から下のしびれや痛みなどが出る脊柱管狭窄症も当てはまります。そのためにも、出来るだけ普段からロコモ対策を行うのが重要です。何か物につかまって片足で立つこと、椅子からの立ち座りを繰り返し行うことが基本ですが、自分のレベルにあったロコモ対策を行うのが効果的だと言えるでしょう。

中性脂肪を下げるには体重管理

中性脂肪を下げるには、体重の管理が必要で、体重を減らすと脂肪も減っていきます。身体の脂肪は、油脂を取ると増えると思いがちですが、糖分の多い食べ物、カロリーの高い食事を摂ると身体の脂肪は増えていきます。食事や間食をなるべく和食でカロリー摂取を管理し、ウオーキングや階段をなるべく使うなどの無理のない運動を行うことで、中性脂肪を下げる事ができます。食事だけ、運動だけと分けて行うと効果があまりみられません。